« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年2月20日 (金)

「言志後録」 8

 春風のなごやかさをもって人に応接し、秋霜のするどさをもって自らを規正する。(33)

 「付記」に、山本玄峯禅師の「人には親切、自分には辛切、法には深切であれ」という言葉を紹介している。

 この「春風をもって人に接し、秋霜をもって自ら粛む(つつしむ)」ということばは、だいぶ前に、結婚披露宴で祝辞を求められた時に用いたことがある。なかなか難しいことで、ましてや行住坐臥一緒の者どうしではきわめて難しいと思う。しかし、努めたいことではある。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック