« 「言志後録」 2 | トップページ | 会津磐梯山の雪化粧 »

2008年11月23日 (日)

「言志後録」 3

 子弟の傍らにいてたすけ導くのは教えの常道である。子弟が邪道に入ろうとするのを戒めさとすのは教えの時を得たものである。自ら率先し実行して子弟を率いるのは教えの根本である。何事も口に言わずに子弟を教化するのは教えの霊妙な極致である。一度抑えつけて、そしてほめ、激励して道に進ませるのは、教えの一時的な方便であり、臨機応変の方法である。このように、教えもまた幾多の方法があるものである。(12)

 この項の「付記」に、この内容を分かりやすく図表にしてまとめている。
 最初の一文は、平素の指導として「個性に従って指導する」ことを示し、次の一文は、臨時的には「邪道に入るのを警戒する」ことを示して、これらを指導の基本、「法式」としている。次に、手本を示して率いる「実践的」指導と暗黙のうちに導く「感化的」指導とをあげている。以上を「正道」とし、最後に「一時的」な指導として臨機応変な対応をあげている。
 さらに、「付記」では、山本五十六の有名な言葉「やって見せ、言って聞かせて、させて見て、ほめてやらねば、人は動かじ」を紹介している。
 教育とか、指導とかの基本、原則を言っていると思う。技術や効率も不要ではないが、それ以上に、指導する立場の者の感化力、人格が問題なのだと思う。そして「時間」が必要なのだと思う。学校の先生にしても家庭における親にしても任意なグループのリーダーにしても同じことだ。

« 「言志後録」 2 | トップページ | 会津磐梯山の雪化粧 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84461/25587121

この記事へのトラックバック一覧です: 「言志後録」 3:

« 「言志後録」 2 | トップページ | 会津磐梯山の雪化粧 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック