« 「言志録」 35 | トップページ | 「言志録」 37 »

2008年9月28日 (日)

「言志録」 36

 人から信用を得ることは難しい。いくらうまいことを言っても、人は言葉を信用しないで、その人の行いを信ずる。いや、本当は行いを信ぜずに心を信ずるものだ。心を人に示すことは難しいのであるから、信を人に得ることは難しいことだ。(148)

 信用を失墜するのは一瞬で、信用を得るのには長い年月がかかる。他人の心を信ずるのが難しく、信ずることができるようになるまでに長い時間がかかるということだ。心の現れが「行い」であり、これは形に現れるので心を読むよりは容易であるには違いないが、それでも確信を得るまでにはかなりの時間を要する。
 「行い」は、必ずしも清心に基づくものばかりではない。邪心に基づくものもあるわけで、それを見極めるのに時間がかかる。それでも、言葉よりは確かなもので、言葉ほど軽いものはない。信用のおけないものはない。
 本来、言葉は信用のおけるものでなければならなかったはずだ。「信」という漢字の成り立ちを見ても、そう言える。人の言は、まこと、「信」でなければならない。言霊信仰の時代には、少なくともそういうものであったのではないか?いつの時代からか伝達手段や社交手段となって、「信」なるものからかけ離れ、軽いものになってきてしまった。

 就任5日で、本心・信念を口走って辞職することになった大臣がいる。国政を預かる大臣が、失言(当人にとっては本当は失言にあらず)で混乱を招くことが、最近多いように思う。上に立つ者は、本心を抑えて、言葉を選ぶ必要があるのに。もっとも、本心に邪心がある者が政治家になったり人の上に立ったりするというのが誤りなのだが。

« 「言志録」 35 | トップページ | 「言志録」 37 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84461/24086549

この記事へのトラックバック一覧です: 「言志録」 36:

« 「言志録」 35 | トップページ | 「言志録」 37 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック