« 「言志録」 32 | トップページ | 「言志録」 33 »

2008年8月30日 (土)

円空仏を模刻する

 小仏彫刻展に行ってきた。
Cimg0104 Cimg0106          いただいた案内はがきに、円空仏の無料体験のことが書いてあったので、この体験をしようと思って出かけたのだ。
 写真左が、この体験で彫ったもの。高さ13センチほど。ヒノキの角材を鉈で対角線に割って4分割した材料。見本の円空仏を見ながら彫るのだが、彫刻刀が印刀と平刀だけなので、うまくはいかなかった。
 写真右は、以前、写真を見ながら自宅で彫ったもの。高さ23センチ。杉の角材を対角線に2分の1に割って彫った。この経験があったので、体験教室では割合早く、一応掘り上げることができた。

 この小仏展には初めて行ってみたが、今回が6回目だそうだ。約220点の作品が、びっしりと展示されていた。特別出品の金剛界大日如来などの大きな作品や千体地蔵尊のように一つ一つは小さいが千体並んだ作品には圧倒された。各地の教室の生徒の作品が展示のほとんどで、レベルの高いことを実感した。多くは私よりはるかにレベルが高いようで、少数、私と同等レベルと思われるものもあった。
 体験教室のときに話しているのを小耳にはさんだのだが、この教室では多くは材料を先生から購入して彫るのだそうだ。しかも、ある程度きどってあるらしい。道理で同じような彫り物がいくつもあったのだと合点がいった。こういう彫り物では、模刻が基本として大事なこと。そこには、創造性が乏しくなんとなく深入りしにくい感じがするのだ。自分が思いついた「こういうカタチ」を彫ってみたい、ということのない世界だ。伝統的な美の形を踏襲することが大事なんだと思う。そして、彫ろうとする意欲の原動力は、「信仰心」なんだと思う。強烈な信仰心が、○○地蔵を彫ろう、○○仏を彫ろうという決意させ、一刀一刀に祈りをこめて彫り上げていく、そういう世界だと思った。
 その点で、私にはそこまで入り込めない。私の彫りものは、こんなものを彫ってみたいという気持ちに動かされて彫り始め、場合によっては、途中で姿かたちが修正されながら作り上げるというもの。しばらくは、こういうわがままなやり方のままでいこうと思う。

« 「言志録」 32 | トップページ | 「言志録」 33 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84461/23350328

この記事へのトラックバック一覧です: 円空仏を模刻する:

« 「言志録」 32 | トップページ | 「言志録」 33 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック