« 飯能市美術展 | トップページ | 「言志録」 31 »

2008年8月 7日 (木)

「言志録」 30

 できるだけ大所高所に目をつければ、道理が見えて、迷うことがない。(88)

 前回に続いて上に立つ者の心得として大切なことだ。いや、心得というより資質というべきか。これがない人が上に立ったのでは下の者がたまったものではない。

 「上に立つ者の道三十二箇条」というのがある。マツダの相談役だった岩澤正二という人の掲げたもの。以前取り上げたかもしれないし、今後fも取り上げることがあるかもしれないが、その中からいくつか抜き出してみる。
 1  向うところを明確に示せ。
  3  虚心坦懐、光風霽月、是を是とし、非を非とせよ。
 18 寡黙重厚、従容自若、眼ぼう厳正、挙止端正。

« 飯能市美術展 | トップページ | 「言志録」 31 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84461/22839086

この記事へのトラックバック一覧です: 「言志録」 30:

« 飯能市美術展 | トップページ | 「言志録」 31 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック