« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月30日 (金)

嵐山渓谷へのハイキング

 彩の国いきがい大学東松山学園21期校友会では、「新緑の嵐山へ遊びに行こうー都幾川渓谷と大平山の散策」と題して、今日、親睦ハイキングを実施するはずだった。参加するつもりでいたが、あいにく朝から雨が降っていて、計画が「雨天中止」だったので、出かけるのをやめた。おそらく中止になったのだと思う。
 案内図によると、予定のコースの中に、与謝野晶子の歌碑が嵐山渓谷にあるようだ。まだ見たことがないので、どんな歌が刻まれているのかわからないが、少し調べてみた。
 「埼玉文学探訪」という本には「武蔵嵐山」の項目があるものの、与謝野晶子の歌碑のことにはふれられていない。「埼玉現代文学事典」にも、歌碑の存在についてはふれられていない。しかし、与謝野晶子の項目の中に、武蔵嵐山の歌のことが記されている。
 晶子の遺稿集「白桜集」に「比企の渓」と題する10首があり、いずれも晶子夫妻が主宰した月刊歌誌「冬柏」に発表されたものだという。詞書に「比企郡菅谷を今人武蔵嵐山と云ふ」とあることを紹介し、以下の歌をあげている。
 槻の川比企判官の地を選びわれ五月雨を聞く如きかな
 仮初めに更け仮初めに明くる夜の秩父の水の鳴る枕かな
 山がらすみをつくし立ち橋写る菅谷の淵の上に朝鳴く
 鳥よりも大きなる蛾に変るべき心を持てる栗の花かな
 青すすき花のあざみの間なる泥廊ながく羊来て鳴く

 嵐山渓谷の歌碑には、上の歌の中のどれかが刻まれているのだろうか。それとも、それ以外の歌が刻まれているのだろうか。そのうち確かめてみたいものだ。

2008年5月28日 (水)

「言志録」 21

 国家の安否をあずかる重臣の仕事は二つある。一つは外国の侮りを受けず、また国内で叛乱を起こさしめず、人民をして安心して生活させる鎮定であり、二は臨機応変の処置宜しきを得ることである。(52)

 今にして思えば、どうしてこの一節をメモしたのかはわからない。しかし、最近の国内、国外の政情をみると、実に大事なことを簡潔に言っていると思う。
 トップに立つものは、単に仕事ができるだけではだめだ。立ち居振る舞いや弁論においても人々をして「スカッ」とさせなければ、軽く見られてつけこまれる。福田首相は、どうだろうか。議会の演説、会議の答弁やあいさつ、記者会見などを見るとき、もっと「演技」を習練すべきではないかと思う。今となってはその時間が取れないから、無理なのかな。威風堂々とした雰囲気で、弁舌さわやかに力強い言葉に対しては、なかなか人は付け入ることができないものなのではないか?
 中国の大地震の被害には、心からお見舞いしたい気持ちだ。それと同時に、こんなに被害が大きくなったことと、対応がスムーズではなかったことに、平安時にどういう備えをしていたのかという疑問を持つ。しかし、この災害を機会に謙虚な気持ちで他国に学べば、おそらく力強い復興を遂げるものと思う。それには、政治体制や役人社会が変わる必要もあると思うが。
 サイクロンの被害に苦しむミャンマーにあっては、中国以上に難しい状況だ。まるで半鎖国状況だから、今の政治体制では復興は難しい。気の毒なのは、一般庶民だ。世界の常識から逸脱している国であっても、強制的な介入ができないもどかしさを感じる。

2008年5月27日 (火)

誌上展ー楽しみの書画展

 「楽しみの書画展」という誌上展がある。今年第6回で、先日作品集が送られてきた。

 この作品展は、扇面と色紙に限定されているが、出品した作品はすべて掲載される「誌上展」である。参加する楽しみを喚起してくれるので、よい。
 私は、第3回から出品している。今回は「秀作」、第3回に「敢闘賞」をいただいた。今回の作品は、課題の「海」に応募した。家内と出かけた犬吠崎で、早朝に宿のすぐしたの岩礁に出て、日の出を眺めたときのイメージを墨彩画にした作品。「彩」といっても、色はほとんど使わず、水平線の上にごく薄い茜色を入れただけである。
 この作品展は、絵画だけではなく書の作品も含んでいるが、ねらいは「書と画」の融合した作品だ。今回は、文字を入れられなかったが、これまでの応募では俳画風に絵に俳句を入れた作品を出していた。私自身も、書画一致した作品が描ければいいなと思っているので、次回はさらにいいものが描けるように努力したい。

 私のように「老いの手慰み」として、自己満足の世界を過ごしているものにとって、ありがたい場である。

2008年5月26日 (月)

お役所の生活機能チェックリスト

 市の介護福祉課から「生活機能チェックリスト」なるものが送られてきた。チェックのための質問項目、質問の仕方がいい加減なのに憤慨している。

 どういう人が、どういう回答を得ようとして作成したのだろうか?携わっている仕事の関係から来る先入観、思い込みによって作られた質問としか思えない。あるいは、文章表現力の不足か注意力の不足なのかもしれない。
 例えば「階段を上り下りするときに手すりにつかまるか」という質問がある。答えは、「はい」か「いいえ」の二者択一。どう答えればいいのだろうか?つかまるときもあれば、つかまらないときもあるからだ。わたしがつかまる場合は、安心・安全・容易さのためである。てすりに頼らないと階段の昇降が困難だからではない。質問者は、おそらく手すりにつかまらないと昇降が困難かどうかを聞きたいのではないかと思うが、どうだろうか。
 また、「椅子から立ち上がるときに何かにつかまるか」という質問がある。全くいい加減な質問だと思う。食事が済んで立ち上がるときに、テーブルの上に手をつかないで立つものがどれだけいるだろうか?自分の動作を振り返ってみればわかりそうなもの。あるいは、レストランでウォッチングしてみればわかりそうなものだ。私はテーブルに手をつかなくても立ち上がれるが、そうするためには椅子を相当後ろまで引かないと立てないわけで、そうしないで立とうとするために手を卓上についているのだ。こんな質問にどんな意味があるのだろうか?あきれてしまう。
 昨年も同じ質問があって、あえて「はい」を選択して回答したところ、医師の問診で「これは介護の要・不要のための質問だ」と言われたが、健診結果が届いたのを見ると「介護支援プログラムをすすめる」という内容だった。つまり、全く機械的に丸をどこにつけたかの個数で区分して評定しているのだ。私のように、ほとんど毎朝1時間あまりもウォーキングしているものに、どういう介護支援プログラムを紹介しようというのだろうか?
 「友人の家を訪問しますか」という質問があった。私の答えは「いいえ」だ。これはマイナスポイントになるのだろう。しかし、私にはわざわざ訪問するような付き合いをしている友人がいないから、「いいえ」と答えなければならない。いくつものサークルに入っているので、お付き合いしている人は数多い。しかし、わざわざ家庭にお邪魔するほど濃い付き合いをしていない。こんな友人付き合いは、普通ではないのだろうか。皆さん、お友達の家に訪ねるているのだろうか。
 終わりのほうの調査に、介護支援プログラムについて、その効果や継続の可能性について質問があった。答えようがない質問だ。プログラムの内容がわからないのだから。どうしてこんなことを聞くのだろうか。ほかの人たちは、きちんと答えているのだろうか。

 つけたりに、市の集団胃検診についてのクレーム。今年申し込んで、検査に関する書類が来た。その中に「開腹手術」をしたことのあるものは受けられないとあったので、電話で質問した。私の場合、60年ほど前に虫垂炎の手術をしたが、これも受診できないに該当するかと。こたえは「イエス」。ついでに、例えば、女性が子宮筋腫の手術をした経歴があればそれもだめかと聞いたら、「イエス」。せっかく申し込んだが、取り消した。
 職場にあったときには、40歳以上は胃検診は義務になっていたが、一度もこんなトラブルはなかった。

 「お役所仕事」と悪く言われるてもしかたがないのではないだろうか。

2008年5月25日 (日)

「言志録」 20

 「言志録」の記事も、飛び飛び、気ままに続いて、20回目。この記事を書いている経緯、理由、解説めいたことは、最近では15回の記事に書いてあります。毎回書くのはわずらわしいので省略しています。

 大臣の職責は、政治上の最も大切なところだけを、統べ治めればよい。日常のこまごまとしたことは、しきたりに従って処理すればよい。ただ、大臣の重んぜられるところは、人の言わんとして言い得ないことを言い、人の処理に迷う難事を処理するにある。こんなことは、一年間に数回に過ぎない。だから平素の小事件にかかずらって、いろいろかき乱されたり、心を労したりしてはならない。(51)

 上に立つ者の心得が書かれている。「一国一城の主」的経験をしたことのある者には、よくわかること。大事と小事、緊急性を見極めて決断する。実行を指示して、責任をとる。こんなふうなことを思いながら職にあったような気がする。
 最近の政治社会をみると、まったく嫌気がさす。どっちもどっちだが、特に野党側の狭小、姑息な様子は、政権をとろうとするような資質を持っていないと見る。言葉尻をとらえて批判、追及し、反対だといって代案がない。まるで子供だ。いや、子供以下だ。
 「上に立つ者の道 32箇条」というのがある。岩澤正二というかつてマツダの相談役だった人のことばだそうだ。なかなか良いことを言っている。そのうちのいくつかを紹介する。

 5  権謀は無策に劣る。功詐は拙誠にしかず。
 6  功を部下に推し、責を身に引け。
 7  金銭に恬淡たるべし。
 9  己に薄く、人にあつく、己に厳に人に寛なれ。
 11 愚痴と立腹と厭味とは人の上に立つ者の大禁物、いいたきことあるも堪え得る雅量  
    あるべし。
 12 為すべきことを為すために、いかなる情実も、いかなる困苦もこれを排し、断固として
    なすべし。
 26 小疵(小さな失敗)をもって大功を没すべからず。

「言志録」 19

2008年5月22日 (木)

「言志録」 19

 過去の非を後悔する人はあるが、現在していることの非を改める人は少ない。(43)

 後悔しても、過去の過ちが消えるわけではない。しかし、後悔をして、それを糧として、再び同じ過ちをしなければ、それはそれで立派なもの。かなり多くのものは、同じ過ちを繰り返すものだ。二度目くらいで大いに反省、繰り返さなければまあまあよいとすべきではないか。それが、私のような凡人の尺度だ。
 現在していることが非であることがわかれば、あえてそれを遂行するのだろうか。わかっていて推し進めるとしたら、それは悪意に満ちた行為だ。良かれと思って現在実行に移しているのであって、その是非は結果として出てくるものである。
 今、高齢者医療制度のことが問題になっているが、これとてまさか邪心が裏にあってこういう制度が出てきたわけではあるまい。現在、将来の閉塞状況を打開するために出てきたことで、それが善くない制度だとすれば、同じ目標のためによりよい方法を探り、改めればよいわけだ。いずれの方法をとるにしても、この問題はわれわれの負担が増すことにならざるを得ないのであって、ばら色の解決策などない。
 過ち、非は、しようと思ってするのではない。過ちは改めるに憚ることなく、迅速に改めればいいのだ。昔の人がそんなことを言っているではないか。

2008年5月20日 (火)

水墨画ー特殊紙の使用

                Cimg0004 Cimg0003

 前回の続き。
 前回紹介した特殊な紙を使って、水墨画の写真のような絵を描くことを試みた。この絵は、10号の大きさ。この絵の中のツララは、実はアクリル絵具を用いている。
 水墨では「白抜き」をするのに、ドーサ液や牛乳を使う。その方法で実験したところ、全く通用しない。ドーサや牛乳を塗った所がひときわ濃く、黒くなってしまうのだ。和紙なら、塗った所が墨をはじいて白く抜けるのに、この紙では全く逆に墨を過度に吸収するらしい。白抜きに、ドーサや牛乳を使えないことがわかった。
 水彩画で画用紙にマスキングインクを使う技法がある。この方法はどうかと思って実験してみたところ、これもだめ。インクを過度に吸収するらしく、マスキングが外せなくなる。無理に外そうとすれば、紙を破くことになるのだ。このやり方もだめ。
 やむを得ず、アクリル絵具を用いて描いた次第。しかし、その後、クレパスを買ってきて、これで実験してみたところ、これを塗った所は墨をはじくことがわかった。クレパスのような油性のクレヨンはオーケーのようだ。油性の色鉛筆があると聞いたが、これも大丈夫かもしれない。手持ちがないのでまだ実験はしてないが。

 この実験結果は、クラブの部員に報告してある。

2008年5月19日 (月)

水墨と水彩ー特殊紙を使って

Cimg0001  Cimg0002彩の国いきがい大学東松山学園の校友会に所属する水墨・表装クラブでは、Mさんからいただいた特殊な紙を大量に、ロールの状態でいただいた。そこで、これを裁断して、水墨画を描き始めている。この紙、見た目は和紙のようだが和紙ではないそうだ。どういう性質があるのか、私が実験を試みた。

 今回は、「実験その1」ということで、同じ構図で水墨と水彩で描いてみた。それが左の写真である。

 紙は、水墨画用の和紙に比べるとやや厚手で、ちょうど裏打ちをした後のような厚み。画用紙よりは和紙っぽい厚み、手触り。
 少し水をはじく性質があるようで、墨も絵の具ものりにくい。しみこむまでに時間がかかる。乾いてみると濃さが淡くなってしまう。それは和紙に描いた水墨の場合も同じなのだが、その比ではないということ。濃さを出すためには何度も塗り重ねる必要がある。これらは、使いにくさが出て短所のようだが、反面、ぼかしを使う画面には適しているのではないかと思う。

 この実験の結果は、クラブの活動のときに部員の皆さんに報告した。

2008年5月14日 (水)

「言志録」 18

 自分の身分を知れば、そう望外なことは望めず、また、自分の天分を知れば、現状で満足することを知る。(42)

 私くらいの年齢になれば、よくわかる。若い頃には、背伸びをしたがる。背伸びでは届かないから、ジャンプをする。しかしこれはこれでよい。若いうちはそういう行動が、より上に行く体力増強になっているのだから。これがなければ、向上、発達が期待できないのだから。
 よく、能力に無限の可能性があると信じている人がある。無限の能力を持っている人がいるのかもしれないが、多くは限界があるものだと思う。ところが、例えば子供の教育などで、わが子はどこまでも伸びると信じて、夢中になっている親を見かける。
 何かを犠牲にしてエネルギーを注げば、そうしない場合よりは上の水準に行くには違いない。しかし、計算上は、その犠牲にした分を到達点からマイナスしなければならないのではないか。そうすると、大差がないことがわかる。
 テキストの「付記」に、仏典にも足るを知る者が本当に富んでいる者だと教えているとあり、有名な「吾唯足るを知る」の判じ物を紹介している。
 あるところに、次のような記事があった。
 「自分」というのは善い言葉である。ある者が独自に存在すると同時に、また全体の部分として存在する。その円満無碍なる一致を表現して「自分」という。われわれは自分を知り、自分を尽くせば善いのである。然るにそれも知らずして、自分、自分と言いながら、実は自己、自私を恣にしている。そこにあらゆる矛盾や罪悪が生じる。そういえば、何でもないようで、実は自分を知り自分を尽くすことほど難しいことはない。自分がどういう素質能力を天賦されているか、それを称して「命」という。これを知るのが知命である。知ってそれを完全に発揮していく、則ち自分を尽くすのが「立命」である。(安岡正篤が西澤嘉朗「東洋庶民道徳」の序文で述べている)
 私は、いまだに自分を知り尽くせずにいる。知り尽くせないままに生涯を終わるのではないかと思っている。
 

2008年5月12日 (月)

敷島公園のチューリップ

 先日、敷島公園のチューリップを見てきたことを書いた。初めて見るチューリップだ、と紹介したが、花の姿を見なければどんな花なのかはわからない。そのときに、写真を入れなかったので、今回はその写真を紹介する。Cimg0011花に詳しい人には、珍しくもないのかもしれないが、私にとってはまったく初めて見る花だった。今はもうこれらの花も終わっているだろうか?今頃はバラが咲いているのではないかと思う。
Cimg0009_2 Cimg0010_2

2008年5月 7日 (水)

「言志録」 17

 好き嫌いの考えが頭にあると、これが一番、人物鑑定に間違いを起こすもとになる。(40)

 どうしても好き嫌いの念は生じてしまう。その気持ちがうまれないということがあるのだろうか。博愛の念に満ちた聖人ならばそういうことがあるのかもしれない。
 凡人は、生じる好き嫌いの気持ちに左右されないように努めて、人に接し、人を評価することになるのだと思う。
 昔、内申書を書くのに苦心したことを思い出す。性格行動の所見を書くのに、あからさまに悪くは欠けない。「嘘ではない嘘」によって、マイナスをプラスに転じられないか、言葉を吟味したことがある。「優柔不断」と言いたいところを「慎重」と言いかえるなど。
 このことは、職場の長として職員の勤務評定をする際も同じ。ただ、10代の年齢の者の所見を書く場合と、成人、特に40代、50代の者の所見を書く場合とでは、辛さが異なったように思う。当然、成人の場合のほうが辛口になる。
 内申書の所見で極めていやな思いをしたことがある。出身高校に勤務していたとき、保存年限を超過した文書の廃棄作業をしていたときのこと。なんと自分が高校受験をしたときに中学校から送られた内申書が、廃棄されずに残っているのに出くわしてしまったのだ。見なければよかったものを、自分の内申書を見てしまった。すると、性格行動の欄に「職人の子にして粗暴」と書いてあったのだ。全く驚愕。自分がそんな風に見られていたのか。その所見を書いたであろう先生に対する気持ちが変わってしまった。
 父は自営で木工業を営んで、弟子も何人か育て、使っていた。私がこの内申書を見た頃には、両親ともに健在であった。しかし、そう書かれていたことは、全く話さなかった。兄弟にも話したことはない。
 私が受験した高校が、内申書を重視する学校でなかったのは幸いであった。

2008年5月 1日 (木)

足利の藤、館林のつつじ、ほか

 昨日、日帰りバスツアーで、敷島公園、大慶寺、大田、足利、館林と花見物に行ってきた。

 敷島公園は、全国都市緑化ぐんまフェア開催会場。敷島公園といえばバラ園で有名だが、まだつぼみで、ほとんど咲いていない。5月中旬からが見ごろのようだ。何年か前に行ったときにはバラが盛りだったが、今回は見られなかった。
 しかし、バラ園の隣の松林の中に、チューリップの花園があって、今が最高だ。30種類、5万株というこのチューリップ、初めて見る変わった花のものが何種もある。
 このフェアに間に合わせて改修したのか、以前行ったときに比べて、広く、整備された感があって、大変いい公園になっている。

 太田市新田にある大慶寺は、初めて行った。ボタンで有名なところ。境内の広い庭園に、150種、3000株以上のボタンが、今を盛りと咲いている。目の高さ、あるいは背丈以上の上で咲いているボタンの群れは、絢爛豪華だ。ここには藤もあって、これも今が見ごろですばらしい。境内で売っている野菜が新鮮で安い。ボタンの苗も売っている。1600円から2300円ぐらいのようだ。

 大田の芝桜。全国都市緑化フェアの大田会場になっている。広大な丘陵に100万本の芝桜が植えられている。残念なのは、芝桜が赤と白のみなこと。それに、この催しに合わせて造成したのか、苗がよく根付いてないところがかなり見られること。土が改良されてなく砂利まじりの荒れた状態なので、急な斜面では流されるのではないかと思う。もう何年か手入れをすればよい公園になるだろう。そのためには、ぜひ緑陰がほしいところ。

 足利フラワーパーク。ここは2年ほど前に、行ったことがあり、そのときはバラが真っ盛りだったが、目当ての藤が終わった後だった。今回は、その藤の盛りを見ることができてよかった。500畳敷の大藤棚が三つ。これはよく見られる紫の藤。同じ紫でも八重の花をつけた藤の大棚もある。また80メートルの白藤のトンネルもある。黄色い花の藤は、まだこれからという感じ。
 フラワーパークということで、早春から晩秋まで様々な花が楽しめるように整備されている。今は、藤のほかにクルメツツジ、ハナミズキ、ボタン、石楠花、クレマチスなどが楽しめる。もう少しすれば、バラが見ごろになる。

 館林のつつじ。ここもだいぶ前に、訪れたことがある。そのときは気が付かなかったが、ここは「県立」の公園なのだ。以前に比べて、だいぶ整備された感があり、見学通路の表示や路面にそれが現れている。
 昔から有名な公園なので、この時期は連日混んでいるだろうと思う。駐車場もかなりあって、公園から離れたところほど安くなっている。私たちが訪れた時刻が遅かったからか、すぐ近くの駐車場もがらがら。庭園内もほとんど私たちの団体だけ。見学が終わる頃には、店じまいをする売店もあったが、日が長い今だから、この頃行くのが混雑もなくお勧め。

 ツアーは安い。今回の旅行代金、一人6000円に満たない金額。個人で行ったら、入園料だけだってかなりかかる。たとえば、足利フラワーパークは花の時季によって値段が違うが、私たちが行ったときには1100円という表示がしてあった。大慶寺が300円、館林のツツジ園が500円である。敷島のバラ園と大田の芝桜は、今年は特別で無料。それに、今回、弁当つき。結構おいしい「鳥飯弁当」だった。
 ツアーのよいところのもう一つは、見学地で個人客に優先して入場できること。添乗員が走り回ってくれるので、並んでチケットを買うこともない。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック