« 花、次々と咲く(2) 子宝草の花 | トップページ | 「言志録」 15 »

2008年4月23日 (水)

春の高山祭り・余話

 余話1
  宿泊は、ひだホテルプラザ。駅に近く、便利。
 部屋が広く、きれい。特に、洗面所とトイレが広くとってある。トイレの便座の脇にある手洗いは、宿によっては洗面台ほどの大きさ。もちろん、タオルが設置されている。
 食事のときに、席に案内してくれるのもよい。これは結構やっているところが多いが、朝食のバイキングでもそうなのだ。まず席に案内し、使用する席を指定・確保してくれる。その後、食事をする席からは見えない室の外側に並んでいる料理を取ってくるようになっている。せわしない感じや騒がしさがなく食事ができてよい。
 大浴場を利用した。それほど広くはないが、脱衣場をはじめすべてが畳敷きだ。洗い場まで畳なのは初めてだ。ぬれた畳はどうするのか、素材や」衛生管理はどうしているのかな?

 余話2
 
おみやげ物を物色していて、珍しいものに出会った。
035  携帯ストラップで「えとぼぼ」を売っていた。「さるぼぼ」は飛騨のみやげもので有名だが、「さる」ならぬ「ね」「うし」の干支だ。それだけなら珍しいと、わざわざ取り上げはしない。写真が少しぼけていてわかりにくいが、腹掛けの文字をよーくみてごらん。確かに「うまぼぼ」と書いてある。しかしこの人形は、確かに「いのしし」だ。数多い作業で間違ったのだろうが、腹掛けの文字はシールではなく手書きのようだから、この作業をした人は人形の顔を見ながら、「うま」と書いたということになり、おそらくはめったに生じない間違いだ。あえて買い求めて、自分の携帯につけておいた。私の干支は、いのししでもうまでもないけれど。

« 花、次々と咲く(2) 子宝草の花 | トップページ | 「言志録」 15 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84461/20500584

この記事へのトラックバック一覧です: 春の高山祭り・余話:

« 花、次々と咲く(2) 子宝草の花 | トップページ | 「言志録」 15 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック