« 「言志録」 12 | トップページ | 「言志録」 14 »

2008年3月28日 (金)

「言志録」 13

 志を立て、これを求めれば、たとえ薪を運び水を運んでもそこに学問の道はあって、真理を自得することができるものだ。まして、書物を読み、物事の道理を窮めようと専念するからには、目的を達せないはずはない。しかし、志が立っていなければ、一日中読んでいても、それは無駄ごとに過ぎない。だから、学問をして、聖賢になろうとするには、志を立てるより大切なことはない。(32)

 朝の連続テレビドラマ「ちりとてちん」が、明日で終わる。主人公の若狭が、入門したてに掃除・洗濯など家事労働を、その道に入る基本だということでさせられていた。そういう話は、いろいろな方面で言われるように思う。確かにここには一理あると、自分の経験からも同感する。
 漫然と書物を読んでいても、読書から何かを得るという効率の点ではあまりよくはないだろう。しかし、「無駄ごとに過ぎない」ということはあるまい。いまだ確固とした志を持たないものが、それを求めて書物を読むということがあるに違いない。志を立てたものは、ほうっておいてもいいくらいなものだ。自ら求めて次々と書を読み、実践をするに違いないからだ。しかし、志が明確にもてていないものは、それを求めてさまよわなければならない。読書はおそらく、その出会いの機会を提供するだろう。
 ここで言っている「志」は、求める意志、だろうと思う。自分は何になろうかと探し求めているものは、すでに「志」を持っているといってよいのかもしれない。問題は、どうしたいのかも考えられないものの場合だ。最近はそういうものが増えたような気がする。豊かさが災いしているのかもしれない。
 

« 「言志録」 12 | トップページ | 「言志録」 14 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84461/11904048

この記事へのトラックバック一覧です: 「言志録」 13:

« 「言志録」 12 | トップページ | 「言志録」 14 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック