« 「言志録」 6 | トップページ | 写生会に参加する »

2008年2月29日 (金)

「言志録」 7

 前書きは前回から省略している。この連載記事の掲載経緯については、(1)をご覧下さい。

 心の奥底がふさがっていると、すべての考えも計画も皆誤ったものになる。(21)

 前回と通ずる内容である。精神的な状態は、ことがらの的確な判断の上で重要なことは言うまでもない。同時に、この精神、心理の状態は身体的状況に左右されるところが大きい。「言志録」では、23条の付記で、心だけでなく体の面も大切だということの例として、笛の名手のエピソードを紹介している。

 演奏を命じられ屋敷に呼ばれた笛の名手が、演奏予定時刻になってもその場に現れない。いらいらした家来が、「何をしているのか、殿を待たせて不届きだ」と演奏者を叱り飛ばすと、笛の名手は、「今朝から腹の具合が悪く何度か便所に行ったがまだよくない。今一度行かせてくれ」といって、悠然としていたという話。体調がよくなければよい演奏はできないというわけ。

 心と体は一つ。これはよく言われること。江戸時代後期の平戸藩主・松浦静山の「甲子夜話(かっしやわ)」という書の中に、老いの姿を詠んだ狂歌がある。

 皺がよる黒子ができる背がかがむ頭は禿げる毛は白くなる

 くどくなる気短になる愚痴になる思いつくこと皆古くなる

 一首目は身体の老化現象で、努力によって若干先延ばしができるものの、どうにも避けられない。二首目は、心がけ次第で何とか避けたり緩和したりすることができる老化現象だと思う。身体的老化は「無駄な抵抗」をして先に延ばし、精神的な若さを増進する努力をしたいものだ。

« 「言志録」 6 | トップページ | 写生会に参加する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84461/10833578

この記事へのトラックバック一覧です: 「言志録」 7:

« 「言志録」 6 | トップページ | 写生会に参加する »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック