« 秋、展覧会たけなわ | トップページ | 簡易な額装の方法 »

2007年11月 9日 (金)

展示会(追記)

 今日、自己満足展に2作品を搬入してきた。

 篤志家・Оさんが自宅を開放して地域の人たちに作品を展示する場を提供してくださっている。趣味で取り組んで制作した作品を地域の皆さんに見ていただき、自己満足に浸るという趣旨で「自己満足展」と名づけ、その展示場が大字川寺にあることから「かわってら」と呼ぶ。開催の連絡、展示の受付や展示一切をОさんがやってくださる。まったくありがたい。出品の人たち一同、感謝、感謝。

 展示作品は、何でもあり。絵画、書、工芸手芸、写真、などはもちろんのこと、盆栽、流木、奇石、篆刻、版画等々ありとあらゆるものが展示される。それがまた面白い。この展示会のよさでもある。

 私は今回、銅板レリーフと水墨画を出した。これまでは、木彫を出していたが、今回は木彫を出さなかった。水墨画は、巾着田の水車小屋を描いたもの。額は、100円ショップで買ったパズル用額を使って、これまた100円ショップで買った画用紙に壁紙を貼って「額マット」を作って入れたもの。以前、額の裏板に布を貼って作った例を紹介したが、今回のもののほうがベターだと思っている。

 前回の記事で、私が出品した秋の展覧会を列挙したが、一つあげるのをもらしていた。9月下旬に高齢者創作展が、埼玉会館で行われ、そこにも銅板レリーフを出している。

 先日、絵画のクラブに久しぶりに出席したところ、1月にこのクラブ(美会21)の作品展を行うこと、2月に他のクラブと合同で美術工芸展を行うことが連絡された。前者は、志木市民ギャラリーで、後者は、県立近代美術館で開催される。今から作品制作を心にとどめておく必要がある。

« 秋、展覧会たけなわ | トップページ | 簡易な額装の方法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84461/8843853

この記事へのトラックバック一覧です: 展示会(追記):

« 秋、展覧会たけなわ | トップページ | 簡易な額装の方法 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック