« 俳句が載った | トップページ | スポーツもやらないと »

2007年9月 4日 (火)

趣味悠悠「仏のこころを彫る」

 趣味悠悠「仏のこころを彫る」が、昨日から始まった。

 昨晩、テキストとテレビを見ながら、第1回の学習をした。今日は、その実技のつもりで、実際に「球」を彫ってみた。

 角材の適当なものがなく、また講座で使用している規格と同じものがないために、4.5センチの角材を使用(講座では3センチ)した。手順に従って球ができるまでには、かなりの時間がかかった。テレビでは、25分の中で、実技以外も含めてかなりの内容を入れている。番組編集の点から言えば、うまくまとめられている、ということになるかもしれないが、見ていても忙しい感じだ。これは、以前視聴した「色鉛筆画」のときと同じ感想だ。

 おそらく、実技部分だけで3時間はかかると思う。少しは木彫をやっている私でもそんな感じなので、全く初めての人だとさらに1~2時間かかるかもしれない。第一、彫りに入る前の、角材に中心線を引いて底面に鋸で切込みを入れるという「準備段階」だけでも、結構時間がかかる。

 容易にできそうで、とてもそんなわけにいかない講座だ。初めて「やってみよう」と発心した人が挫折しなければいいが。

« 俳句が載った | トップページ | スポーツもやらないと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84461/7804848

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味悠悠「仏のこころを彫る」:

« 俳句が載った | トップページ | スポーツもやらないと »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック