« スポーツもやらないと | トップページ | ごみの分別と環境 »

2007年9月 9日 (日)

古典講読「漢詩」を聞いて

 昨夕、NHKの古典講読を聞いた。

 李白を取り上げていて、今回聞いたのは23回目の講義。とは言っても、このうち半分も聞いていない。夕方5時からということで、よほど気に止めていないと、ついうっかり聞き漏らしてしまう。朝や昼までは気に止めていても、何かの雑事で忘れてしまう。加齢のためというよりも学習意欲が足りないせいだろう。

 45分間の講義はなかなか充実している。エピソードも交えて興味深い。テキストも良くできている。ただ、朗読がイマイチ。

 大学1年のときだったろうか?「唐詩選」を扱った漢文の授業があった。非常に温厚な老先生が担当で、「大人」の趣が漂っていたように思う。考査がない代わりにレポートが課された。私は「李白と杜甫」というタイトルで、両者の対比を書いたと記憶している。もちろん、いくつかの参考書から得た知識を使ってまとめたもの。そのときの印象は、天才肌の李白と苦労人・努力家の杜甫だ。両者、非常に対照的で、(間違っているかもしれないが)明と暗、豪放と沈着などの印象が、今も頭にこびりついている。

 あと3回で李白について終わって、続いて杜甫が取り上げられるようだ。残りの李白の講義をしっかり聞いて、杜甫の講義も聞いてみようと思う。

« スポーツもやらないと | トップページ | ごみの分別と環境 »

コメント

楽しく拝見しています。
前回のバドミントンの話は興味津々でした。
私も、長年してきましたので、もう1度ラケットを振って見たいという気持は強くもっています。
後は、腰痛次第ですが・・・・・・
精力的な投稿に、私も見習わなければと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84461/7865366

この記事へのトラックバック一覧です: 古典講読「漢詩」を聞いて:

« スポーツもやらないと | トップページ | ごみの分別と環境 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック