« 佐賀北高の優勝を称える | トップページ | 俳句が載った »

2007年8月27日 (月)

時には読書も

 ちょうど1週間前、東松山に出かけた帰りに、川越の書店で文庫本5冊と辞典を1冊買ってきた。いずれも新聞の書評に出ていたもの。そのうち、文庫本4冊を読了。

 「春話二十六夜 岐かれ路」「春話二十六夜 月待ちの恋」の2冊は、春画をモチーフにしたエロチックな短編集。作者の坂東眞砂子のあとがきによると、ジャンクロード・ミッシェル(フランスの美術家)との共同作だという。それぞれ13話ずつ収められていて、春画を作品の冒頭に入れている。どちらかというと、後の1冊のほうがいい、という印象。少しストーリーが粗雑ではないかと思うものもあるが、江戸の春本と比べればよしとすべきなのかも知れない。春画・春本にも関心があって、雑誌「太陽」の特集のように絵をメインのしたものや研究的、学術的なものまで何冊か持っている。これらを通じて、北斎や歌麿の知らなかった一面を知って、世界が広まったように思う。

 「黒本ー平成怪談実録」は、36の短い怪談が収録されている。作者・福沢徹三が取材して書いたもの。心霊現象に関するものがほとんど。しかし、作者がもっと筆を駆使して、臨場感を持てるようにすれば良かったのにと思う。あらすじのような「あっさり」したものが多く、恐怖感を持つまでにはいたらない。

 「吐きたいほど愛してる。」(新堂冬樹)は、書評に「ハードな偏愛サスペンス」とあるように、自己中心的人物の姿が、ミステリー性を持ちながら悲惨に、気持ちが悪くなるほど凄惨に描かれていて、インパクトが強かった。

 文庫本の5冊目は、パラパラと何箇所か拾い読み(拾い見)。水木しげるの「図説 日本妖怪大鑑」は、絵とともに解説がついていて面白い。この方面には全く知識がなかったので、面白いのかもしれないが。

 買ってきた辞典とは、「ことわざ成句使い方辞典」(大修館)。以前私が執筆協力をした故事ことわざの辞典に比べて、収録項目が半分以下と少ないが、特徴もあって面白いので買ってきた。特徴の一つ目は、例えば「雨」を使う成句ということで、該当句をくくって示していること。二つ目は、巻末の「誤用索引」。おそらくこういうものは、これまでになかったものだと思う。意外に誤用に気付かずに使っている場合があるのを、ひそかに自己修正できると思う。

 文庫本の出版元を落した。「妖怪」は、講談社。その他は新潮社である。

 

« 佐賀北高の優勝を称える | トップページ | 俳句が載った »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84461/7699316

この記事へのトラックバック一覧です: 時には読書も:

« 佐賀北高の優勝を称える | トップページ | 俳句が載った »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック