« 梅雨明け宣言? | トップページ | 水墨画の額装 »

2007年8月 3日 (金)

裏打ちと額マット作り

 昨日はクラブ活動で、東松山まで行ってきた。

 このクラブは、水墨画・表装クラブといって、通常は水墨画を描いているが、ときどき集中的に表装技法の実習をやる。今月は水墨を描くのは休みで、表装だけが行われることになっている。

 昨日は、自分の作品の裏打ちと額マット作りをした。裏打ちは、他の人のを3枚お手伝いでやってやり、自分のは1枚だけやった。本当は他の人のより大きい作品(10号)を裏打ちをしたかったが、他の者のはすべて6号。裏打ち紙の切断も6号用に準備されたので、遠慮したのだ。それに、作業台が小さくて10号の作業ができなかったからだ。私の裏打ちをしたものも6号のもの。

 マット作りは、私は参加しなかった。このマットは、共同で購入した額の物を作る作業で、購入しなかった私には不要だからだ。お手伝いとして、ホームセンターにベニヤ板を買いにいってきて、これを所定の大きさにのこぎりで切断。あとはみんなの作業を見物して、終わるのを待った。朝10時から夕方4時までの活動。

 今日午前中、やりのこしの10号の作品3枚を裏打ちした。自分の部屋の座卓を作業台にし、裏打ちしたものの乾燥には、部屋の窓ガラスを利用した。満足のいく仕上がりではなかったが、割合短時間にできた。ちなみに、昨日クラブでやったときには、糊は襖はり用の特別な糊。今日、私が使ったのは「やまとのり」という、チュウブに入った安物。マア、不十分なところがあってもよしとしよう。

 裏打ちが早く終わったので、木彫をやった。男女が抱き合っている形の像を、楠を材料に荒彫りをはじめた。以前マイセンの人形か何かで見た像のイメージがあって、それを粘土で作って、モデルにしている。出来上がるのはいつになるか?楠の強い匂いが部屋に立ち込め、窓を開放してあっても鼻や目にしみる。暑い日で、Tシャツがびっしょりになったので、途中から脱いで裸でやった。

« 梅雨明け宣言? | トップページ | 水墨画の額装 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84461/7396002

この記事へのトラックバック一覧です: 裏打ちと額マット作り:

« 梅雨明け宣言? | トップページ | 水墨画の額装 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック