« 剪画(切り絵)の真似事 | トップページ | 孫たちの来訪 »

2007年7月22日 (日)

木のきいた仲間展予告

 隣の市・日高市の公民館の木彫サークルの作品展が開催される。これは、指導の山本先生にお世話になっている「きつつきの会」・「ピノキオ」両サークル合同の展示会で、1年おきに開催しているもの。今年第6回だということなので、10年以上も続いていることになる。私は、入会して日が浅いので、一昨年に続いて二度目の出品になる。

 今回は、先生のアイディアで、木彫作品以外にも自分の作品を並べて、ミニ個展の集合体のような展覧会にするという。そこで、私は調子に乗って、前回の展覧会以後現在までに作った木彫作品のほか、粘土で作った「女のトルソ」、水墨画、俳画、木版画、銅板レリーフなどをエントリーした。昨日、定例会があって出品予定作品リストを出した。約30点になる。だけれど、こんな「横好き」作品で展覧会の品格を落とさないかと気にかけている。

     第6回 木のきいた仲間展

8月10日(金)から8月10日(日)まで   日高市総合福祉センター「高麗の郷」にて

« 剪画(切り絵)の真似事 | トップページ | 孫たちの来訪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84461/7231964

この記事へのトラックバック一覧です: 木のきいた仲間展予告:

« 剪画(切り絵)の真似事 | トップページ | 孫たちの来訪 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック