« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

「ワル」を育てる親

 昨日、孫たちが帰って、今日は静かになった。前回の記事に書いた、孫の相手をするのを逃れて自分の部屋でひそかに描いた絵(水彩画3、水墨画3)の整理をした。水墨画に落款を押しながら、やはり水彩は出せないな、と思った。

 タイトルのこと。娘から聞いた話だが、今の若い親の中にはとんでもない「馬鹿者」がいるらしい。マスコミなどに取り上げられている非常識な親たちのニュースは、本当なんだと実感した。

 幼稚園や小学校の運動会で、応援席?見物席を確保するために、早朝から門の前に並ぶ親がいるという。それなら熱心な親の姿だと容認されるかもしれないが、徹夜で並んだり、場合によっては柵を乗り越えて入り込む者までいるということだ。    

 それどころではない。運動会当日、確保した席で酒盛りをしながら見物するものがいるという。職員にたしなめられると、酒類を隠して静かにするが、職員が立ち去ると再び酒を飲んで騒ぎながらの見物だそうだ。

 こういった親たちは、子どもたちが悪くなるように育てているとは思わないのだろうか。 どこかおかしくなってきている。そう強く感じたのは、しばらく前のこと、川の中州でキャンプをしていた者たちが、再三の注意、警告を無視してそこに留まったために、大雨による急な増水があって大々的な救出騒ぎになった。条件が悪く救出が難航し、残念ながら全員救出とはならなかった。その際、救出されたものの一人が、「どうしてもっと早く救出しないのか」と、文句を言っていたのを今も覚えている。この時だ。どこか狂っている、と憤りを覚えたのは。それ以来、次第に「狂っている」と感じる大人の言動が増えてきているように思う。年寄りの繰言だろうか?将来に明るい展望が失われていく気がする。      

2007年7月27日 (金)

孫の相手を逃れて

 前回の記事に孫が来ていることを書いたが、連日孫の相手で通常の生活ペースが狂わされている。特に、家内は大変だ。

 今日は、市内にあるあけぼの子どもの森に連れて行った。昨日は、東松山市にある子ども動物公園、その前は、市内の阿須運動公園、その前は狭山市の智光山公園こども動物園へと、連日サービスに努めている。

 その合間をぬって、自分の部屋に隠れて水彩画を昨日までに3枚描いた。今日は、水墨画を1枚描いた。いずれも、文化祭への出品を考えてのこと。水彩画はとても出品を決意できるほどの作品にはならないが、水墨画はなんとか「だせるかな?」という程度の作品が描けた。

015_1 この絵は、あけぼの子どもの森公園にある「ムーミン屋敷」である。今年の5月頃だったか、小さなスケッチブックに描いたもの。今日はこの中にも入って遊ばせてきた。この建物、今日は冷房がきいていて涼しかった。

夕方のニュースで、今日は今年一番の暑さだったと言っていた。

2007年7月23日 (月)

孫たちの来訪

 娘が、幼稚園に行ってる子どもが夏休みに入って、「お泊まりに行きたい」と言っているということで、昨日から来ている。

 上が5歳の男、下が3歳の女の二人の孫がやってきて、家の中が賑やかになった。娘は10月には3人目が誕生するということで、その予定日近くになったら再び来ることになるようだ。その時には、滞在期間がもっと長くなるにちがいない。

 孫たちの様子を見ていると、自分や子どもたちの幼少時と「時代」の違いをつくづくと感じる。いろいろと高度な機能を持ったおもちゃが、子どもの遊びや知育を激変させていると思う。孫が、「パソコンを貸してちょうだい」というから貸してやると、パソコンの使い方を学習させるゲームを始めたのには驚いた。説明書や解説書はなくても、「体で覚える」と言うのだろうか、どんどん先に進んでいく。

 文字をはじめとして知識が視覚や聴覚を通して早期に獲得されていくのは、すばらしいことだ。しかし、例えば漢字の読みの能力は優れていても書けないという問題が出てきている。あるいは、実際場面でのコミュニケーション能力が劣っているというような、問題もでてきているのも確かだ。昔ながらのやり方に郷愁を覚え、良さを感じるのである。

2007年7月22日 (日)

木のきいた仲間展予告

 隣の市・日高市の公民館の木彫サークルの作品展が開催される。これは、指導の山本先生にお世話になっている「きつつきの会」・「ピノキオ」両サークル合同の展示会で、1年おきに開催しているもの。今年第6回だということなので、10年以上も続いていることになる。私は、入会して日が浅いので、一昨年に続いて二度目の出品になる。

 今回は、先生のアイディアで、木彫作品以外にも自分の作品を並べて、ミニ個展の集合体のような展覧会にするという。そこで、私は調子に乗って、前回の展覧会以後現在までに作った木彫作品のほか、粘土で作った「女のトルソ」、水墨画、俳画、木版画、銅板レリーフなどをエントリーした。昨日、定例会があって出品予定作品リストを出した。約30点になる。だけれど、こんな「横好き」作品で展覧会の品格を落とさないかと気にかけている。

     第6回 木のきいた仲間展

8月10日(金)から8月10日(日)まで   日高市総合福祉センター「高麗の郷」にて

2007年7月19日 (木)

剪画(切り絵)の真似事

 木彫サークルの仲間で、サークル歴先輩、生活年齢後輩のブログネーム「ホワイト」さんという人がいる。私以上にいろいろなことをやっていて、しかもいずれも達者だ。おそらくかなりの「凝り性」なのだと思う。徹底しないときが済まない性質なのだと思う。したがって、ブログもなかなか編集が素晴らしい。掲載する写真も撮影に細かい配慮・工夫をしている。ブログ名「ホワイトの木彫の世界」。

 その彼が、切り絵を始めたということで、何度か作品をブログに紹介している。実は、私も物好きの虫が動いて、書店で見かけた本を買ってきてやってみたことがある。うまくできている本で、カッターさえあればいいようになっている。写真は、そこにあったひとつのレッスンを切って、100円ショップで買ってきた額に入れたもの。自然光だけでフリーハンドで接写した。そのせいで、写真はまずい。

Photo_1  いまのところ、これ以上深入りをするつもりはない。というより、手をかけているゆとりがない。弟がかなりやっていて、その話を聞いたり、作品を見たりすると、ちょっと自分の手に負えない感じだからだ。

2007年7月18日 (水)

ゴーヤチャンプル

020_1  昨日の晩、「ゴーヤチャンプル」を食べた。

 「にがうり」は、「れいし」とも言う。俳句では、秋の季語。今は、どんな野菜も季節感を感じさせることなく出ているので、あまりぴんと来ない。それにしても、「ごーや」というのは方言なのだろうか。国語辞典を引いても出ていない。もっとも膨大な「日本国語大辞典」にもない。沖縄の言葉なのかもしれない。ゴーヤチャンプルが沖縄独特の料理だから。

 写真の短冊は、その「れいし」の絵と俳句。何かに出ていたのを真似て描いたのは、もうずいぶん前のこと。この俳句に、「れいし」が漢字で書いてあるが、特殊な文字なのでこのパソコンの辞書にはないらしい。

 「れいし」は、実が熟すとこの絵のようになるのは確かだ。散歩に出掛けたとき、畑で収穫しないままに放置されていた「れいし」が、まさにこのようになっていたのを見たことがある。なんともグロテスクな感じだ。

2007年7月17日 (火)

版画の簡易な額装

 学園の最後の授業で実習した版画の作品を、額に入れた。

 100円ショップで買ってきた額を使用。この裏板に、同じく100円ショップで買ってきた布地を、両面接着テープで巻くようにして貼り付けた。

 作品をこの裏板兼マットの中央に両面接着テープで貼り付けると、作品の周囲が、上下それぞれ5センチ、左右それぞれ2.5センチの幅の地が出た。ちょっと見には、額マットつきの額に納まった作品のように見える。

Photo 額は、縦46センチの大きさ。版木は、シナのベニヤ板。原画は、宇崎純一画の絵葉書で、「ニッポンのロマン絵葉書」(グラフィック社)に収められていたものを用いた。

2007年7月16日 (月)

台風去って地震来る

 台風4号が太平洋の中に消えていった。地域によっては大きな被害を被ったようだが、幸いこちらは台風の影響はほとんどなかった。

 4日ぶりに早朝ウォーキングに出掛けた。天候のせいで、出掛けられなかったのだ。4時59分にスタートし、6時ごろ帰る。天空は、厚い雲に覆われているが、東の空は雲が切れて、そこから入り込む朝日が、そのアタリの空を染めている。茜色から黄金色に変わり、さらに白金色に変わっていく。すがすがしい朝だった。

 ところが、9時過ぎ、新潟で大きな地震があったというニュースがあった。新潟はどうしてしばしば大きな地震に見舞われるのだろう。テレビの報道をみると、状況が集約されるにつれて被害が拡大することが予感される。

 幸い、私の住んでいるところは、こういう天災には縁遠く、これまで災害を被ったことがない。いいところにすんでいるな、と安堵すると同時に、被災地の皆さんにはお気の毒に思う。早い復旧を祈るばかりだ。

2007年7月15日 (日)

台風4号

 台風4号が、九州や四国などに被害をもたらして、去っていった。こちらは、風もほとんどなく、雨がやや多かった程度で、台風が来たという感じがないままですんだ。

 それでも、気温は高くないが、湿度が高く、室内が湿っぽい感じだった。

038_2 昨日の記事で約束した、油絵を紹介。F6の大きさ。先生の指示通りに絵の具、筆を使っていくと、約2時間でこの絵が出来上がる。出来上がりは、素晴らしいと思うが、なんだか自分で描いたような気がしないという作品。

兄弟に見せたらほめられたので、額に入れて季節に合わせて玄関に飾っている。

2007年7月14日 (土)

「木遊会」に出席して

 飯能市の公民館の木彫サークル「木遊会」の定例活動に出席した。朝から雨で、台風も接近しているというので、そのせいか出席者が少ない。

 今日は、小物つくりで時間を費やした。前にも書いたと思うが、私の作品造りは、手間と時間をかけたしっかりした作品と同時進行で、あまり時間・手間をかけない小さなモノを作っている。今日作ったのは、手すり用の丸木の残りを使って「童地蔵」。修正材であまり適材ではないが、「木っ端も生きたがっている」をモットーに、端材に命を吹き込んで存在感を与えているのだ。

001_2 今日のページには、恥をしのんで拙い絵画を公開する。これは、F10の油絵。学園の授業で描いたもの。我が人生で初の油絵。これ以後、1枚も描いてないから、もしかすると人生唯一の油絵作品になるかも。いや、一度「ボブルス画法」というこれも油絵だが、先生の言うがままに手本画を真似て描いたものがある。あす、これを掲載しようかと思う。

2007年7月13日 (金)

水墨クラブに出席

 今日は、校友会の水墨・表装クラブの活動日。午後から大雨になるという天気予報だったので、車で出掛けた。学園は、車で約1時間。普段は電車で行っているが、交通費が1400円、時間も1時間半はかかる。それなのに普段車で行かないのは、運転が嫌いなことと運転中にしばしば眠くなることがあるから。

 だけれど、今日はとうとう夜まで雨が降らなかった。

041_1 これは、何年か前公募展に出品して佳作になった「蔵造りの家並み」という作品。川越の蔵造りの家を描いたもの。F10号。

2007年7月11日 (水)

銅板工芸クラブ

 一昨日、銅板工芸クラブの定例活動に参加した。前回の活動で、取り掛かっていた作品が完成したので、今回から新しいものに取り掛かった。

037 前回仕上げたものはまだ額に入れてないが、写真の作品。ミュシャの「フルーツ」をモデルに下絵を作った。裏から押し出して、くぼみに石膏をつめて銅板をベニヤ板にまきつける。その後、硫化カリウムの液につけて、化学反応による変色をさせる。

まだ経験の浅い私の場合、製版もさることながら肝心の色を出すのがうまくできない。

 珍しい領域の工芸なので、展覧会でもほとんど見かけない。現在、埼玉県三芳町の文化会館「コピスみよし」で、今月29日まで約100点の作品を展示中。素晴らしい作品が見られる。この写真の作品がいかに稚拙か分かるはず。

2007年7月 8日 (日)

サブタイトルについて

 最近、ブログに「横好きの世界」というサブタイトルをつけた。

 「横好き」とは、上手でもないのに好んで何かをする意である(三省堂「新明解国語辞典」)。まさに、私があれこれに手を出しているのがそれだと思ったからだ。下手なくせに、不器用なくせにあれこれと関心を持ったものに手を出す。一事に徹するのでなくては、虻蜂取らずになる、なんてことはおかまいなしだ。

 本当は、「自己満足」ということばを使いたかった。しかし、自分の家の居間や庭をギャラリーとして開放し、地域の希望者の作品を展示してくださる人がいて、この作品展を「自己満足展」と言っている。私も文字通り自己満足のために、お世話になっている。そんな関係で、使いたかったこの言葉を避けたのである。

 私のブログのタイトルは「多可志」である。これは、自分の本名の「隆」を有意性を持たせて書き換えたものなのだ。「多可志」は、多く志すべし、とも読む。完全退職をして何もすることがないという日々では困ると思った自分へのいましめだ。

 時間を忘れて何かに没頭できることは幸せなことだ。そういう仲間がいることは一層幸せなことだと思っている。

 

 

2007年7月 7日 (土)

きつつきの会に出席

 日高市の公民館の木彫サークル「きつつきの会」に出掛けた。

 8月10日から開催予定の「木のきいた仲間展」の連絡があった。この展覧会は、指導者の山本先生が指導されている二つのサークルの合同展覧会で、一年おきにやっている。先生が、各人のコーナーを作って、ミニ個展のようにし、木彫以外でも絵画など作品を展示したらどうか、と構想を述べられた。私のようにあれこれと下手の横好きでやっているものにとっては興味ある形式だが、あまりやりすぎると木彫サークルの展覧会らしくなくなるおそれがある。

 先生に製作中の作品を見ていただいた。仮題「1964東京オリンピック」のレリーフ。もっと彫り下げた方がよい部分を指摘され、やはり自分の目だけでは見えないのだと感じた。これは、少し時間をかけてやろうと思っている。来年までかかってもいい。Mokuchou2_019

これは「手鏡後美姿」という2005年9月の作。包装紙に出ていたいくつかの小さな浮世絵画のなかで、構図の着想が面白かったので、拡大して30ⅹ20センチのカツラ材に彫ったもの。

2007年7月 6日 (金)

校友会理事会

 校友会の理事会があって、東松山の学園まで行ってきた。内容的には、理事会を開くほどのものはなかった。理事が会員の約三分の一もいるというのは、多すぎる。会議も、事務局が思っているようには、とても進まない。生真面目すぎる人もいて、議題の並べ方や進行の仕方に、細かいクレームを付ける。もっともな意見ではあるが、たかが遊びのための寄り合いなのだ。目くじら立てて議論するほどのことはない。

 確かに事務局の準備も不十分だ。議題が整理されてない。報告・連絡と協議が区分されていない。しかし、そういう不十分なところは、出席者各自が補い合って進行すればよいのではないか。時間ばかりかかって、実りのない会議だった。Mokuchou2_028

今日の理事会は、水墨クラブの代表ということで出席した。写真は、水墨に関係のある、筆をかける道具?「筆架」。2003年8月作。天板が回転するので便利だ。自分の部屋で使っている。その後、これを欲しいと言う人があって、2005年に二つ作り、一つは書道の先生に、もうひとつを校友会の水墨クラブのS氏に差し上げた。差し上げたものの法が彫刻が多く施してある。この写真のは、柱部分だけ。

2007年7月 5日 (木)

梅雨晴れ

 ここ何日か梅雨らしい天気だったが、今日は「梅雨晴れ」と言ってよい。「梅雨晴れ」とは、梅雨の期間中に時々ある晴れ間(三省堂「新明解国語辞典」)のこと。

 けさは、早朝ウォーキング。歩きながら、時には俳句の切れ切れが思い浮かんで、あれこれ考えた末に俳句ができることがある。こうしてできた俳句?を、いきがい大学在学中には、何度か同級生のH氏に見てもらったことがある。思えばクラスにはいろいろな方面に活躍しただろう人たちがいた。新車のデザインを試作していた人、バイクぐらいは自力で作れる人、会計士の人、画家になろうとしていた人、僧侶、保険屋さんなどなど。H氏は、教職にあって趣味で俳句をやっていて、新聞の文芸に投稿をして何度も入選している。今は卒業してしまって見てもらえないが、時々見てもらっていたことを思い出す。

  最近の駄作。 

  真夏日やみみず路上で乾きゆく

  那須の宿青葉湯の面に揺るるかな

  梅雨晴れや丈伸びし草に花咲けリ

2007年7月 4日 (水)

商店街の店舗シャッター

 今日は、朝からしとしと、いかにも梅雨らしい天気。

 10回シリーズで取り上げた「路上のアート」で、早朝ウォーキングのついでに写真を撮ったとき、商店のシャッターをひとつ撮ってきた。飯能の商店街では、何年か前、ある店が飛び込みで描かせてくれないかとやってきた者に描いてもらったところ、これが評判になってあちこちの店で頼んだということがあった。

 いきがい大学の共同研究のときに、素材としてこれもいくつか取材したことがあった。これも街頭を彩る面白い工夫だと思う。ただし、残念なことに開店中はこの優れた「芸術」が見られないということだ。

045 これは、お茶屋さんのシャッター。あまりよくかけているので、店が開いているかのように見えるが、まだ午前6時前で店は開いていない。シャッターが下りた状態なのだ。作者は、プロの画家で、エアーブラシを使って一晩で仕上げるそうだ。実際はもっと迫力がある。

2007年7月 3日 (火)

美会21 日帰りスケッチ

 今日は、校友会のクラブ「美会21」の活動で、国分寺に行ってきた。

 「美会21」は、彩の国いきがい大学21期卒業生の絵画のクラブ。絵画は、水彩画でも油彩画でも水墨画でも何でもありという、きわめておおらかなクラブだ。仲間と一緒に「絵画」をテーマに遊ぶ会という感じ。

 国分寺では、殿ケ谷戸庭園、お鷹の道、真姿の池湧水群、国分寺、武蔵国分寺公園などを散策し、スケッチポイントでスケッチをした。2時過ぎに指定の場所に集まって、講評会。全員の作品に対して、指導の先生から講評、仲間から感想が述べられた。

 素晴らしい作品が多く、私の作品は並べられるのが恥ずかしいようだ。しかし、他の人たちのよい作品と比べないことには、自分の作品の上達はないのだから、やむをえない。我慢して意見を薬にしよう。

 そんなわけで、作品は写真に撮ってないし、紹介できるほどのものでもないようだから、今回は掲載しないことにする。

2007年7月 2日 (月)

銅板工芸作品展始まる

 今年4月から校友会の銅板工芸クラブに入れていただいて、作品を作っている。それ以前に、半年ほど同好会で何度か作品を作ったことがある。

 昨日、銅板工芸展の搬入・展示をやってきた。私も、拙いながら3点出している。全部で約100点の展示で、かなり時間がかかった。作品を紹介できればいいのだが、まだ写真も撮ってない。そのうち、ということにする。

 この展覧会は、指導者のK氏が指導している東松山市のサークルと三芳町のサークルの合同で開催するもので、今年で2回目。もちろん私は初めての出品。今月29日まで開催。

2007年7月 1日 (日)

路上のアート その10

 路上のアートの最終回にしようと思う。

044_1 047_1

025_1 038_1

040_1 「空気弁」とは何か?わからないが、独断でここに入れた。「ガス中圧」もわからないが、これは明らかにガスの施設だ。

 物好きにも何枚も写真を撮って、並べたものだ。それもよく整理されずに、写真を掲載するにふさわしく修正もせず、粗雑な記録だ。一般に新しいものほどデザインがこっている。新しい市や新しい道路に面白いものが見られるものと思う。散歩コースで隣の市に入ると、わが市よりも面白いデザインを幾つも目にした。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック